ジャグラー、アイムジャグラーはAタイプ?

ジャグラー、アイムジャグラーはAタイプ?

5号機はお上の規制によって登場した新規格ですが、そんな規制強化の前から5号機に近い機種はありました。
要するに一発抽選が毎回行われていて連チャンが無い台です。
勝負も早く、またシンプルなので年配のスロットファンや大きな勝負を好まないスロットファンなどに根強い人気があります。
かつてパチスロにはAタイプとBタイプという分類があり、現在の5号機に近い一発抽選のAタイプが現在も生き残っています。
その当時の名称を覚えている人はこれらのカテゴリーに属する台を純Aタイプと呼びます。
但し5号機には一発抽選以外にも細かい規制がたくさんあるので、当時のAタイプをそのまま現在の5号機にすることは出来ませんからそれぞれ5号機バージョンが登場しています。
Aタイプで最も大ヒットしたのが「ジャグラー」ですが、それは5号機になると「アイムジャグラー」としてホールに設置されています。
ジャグラーとアイムジャグラー、内部的に5号機の内規をクリアするために若干の変更が行われていますが、見た目や演出などはそれまでのジャグラーとほとんど変わりません。
同様にAタイプで大ヒットした機種がそのまま5号機として登場したのが「パルサー」シリーズです。
但しジャグラーとパルサーで大きく違うのは、ジャグラーは最初から5号機に至るまでAタイプ路線をひたすら続けたのに対してパルサーシリーズは4号機時代には4号機ならではの台としてバージョンアップされました。
ですが時代が5号機となり、再び両者がよく似たスペックでホールに並ぶこととなりました。
なお、5号機として登場したパルサーは「ニューパルサーV」と言います。
これらの台は最も遊び方がシンプルです。
一発抽選を延々と繰り返すだけで、ARTもRTも何もありません。
大当たりが終わったらまた次の大当たりを狙って打ち続けるだけです。
しかもジャグラーは完全告知と言って、大当たりが成立したら左下のランプが点灯します。

このランプが点灯する時に鳴る独特の音は非常に目立つので、周りで打っている人もついつい見てしまいます。
大当たり成立時に独特の音を鳴らすのは現在では珍しくありませんが、ジャグラーがその草分けではないかと思います。
当然その告知機能は5号機のアイムジャグラーでも継承されています。
過激なARTで大量出玉もいいですが、穏やかな波をマッタリと楽しむのもパチスロの楽しみ方です。
ジャグラーは設置していないホールがほとんど無いので、そのコーナーでゆっくりと楽しんでいるパチスロファンの光景は他のコーナーには無いものがあります。

関連ページ

パチスロ4号機の人気と5号機の物足りなさ
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ規制と4号機の魅力
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ5号機は連チャンがないから差別化できない?
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ5号機はART機なら爆発力がある?
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ5号機の大当たりとエヴァンゲリオン
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。