パチスロ5号機は連チャンがないから差別化できない?

パチスロ5号機は連チャンがないから差別化できない?

5号機時代となったパチスロ業界において、現在の人気機種には大きく分けていくつかの分類があります。
筆者が勝手に分類をしてみると、ART機、一度の大当たりで大量の枚数が払い出される機種、そして純Aタイプ。
パチスロの5号機はいわゆる一発抽選と言う抽選方式をとっています。
例えば300分の1で大当たりする台であれば、1から300までのルーレットが回っていて、1番が大当たりだとすると毎回そこにボールを転がして1番に入れば大当たり、2から300までに入ったら外れということを繰り返しています。
それに対して前の世代の4号機は状況によって大当たりの確率が変わるので、それによって強制的に連チャンを発生させることが出来ましたが現在は毎回一発抽選なので連チャンが発生したとしてもそれは単なる偶然です。
そのため出玉の波も比較的穏やかで、大勝ちも大負けも少なくなるというのが当局のもくろみです。
そのため5号機は出玉の波で魅力を持たせることが難しく、結局はキャラクターや演出でしか差別化が出来ないというパチンコに似た状況になりつつあります。
パチンコにもかつては連チャン機というものがあり、強制的な連チャン発生機能がありましたが現在ではそれが禁止されているのでいわゆる一発抽選です。
それだけでは面白味がないので、確率変動という機能がありますがそれはパチンコの話なのでここでは割愛します。
全ての機種が一発抽選なので、違いは演出だけ…となるのが普通ですが、ここでメーカーはあらゆる知恵を絞ります。
なんとか5号機の法規制内で連チャン機能を持たせたり、一度の大当たりで大量のコインを払い出すことによって魅力を持たせることは出来ないか。
そんな知恵を絞った結果登場したのがART機や大量獲得機です。
これらの台についての詳細は別の項でお話しますが、単なる一発抽選だけしかない5号機においてこれだけ色々な機種が登場しているのは、メーカーの努力によるところが非常に大きいと思わされます。
3つ目に挙げた純Aタイプというのは、かつてパチスロがAタイプとBタイプに分類されていた頃の名残です。
この中でAタイプというのは現在の5号機に近いもので、一発抽選が延々と繰り返されるものでした。
パチスロが4号機全盛の時代になってもそのような一発抽選タイプを好むファンを多く、それらの人に支えられて生き残ったのが純Aタイプのパチスロです。

これらの台は5号機時代になっても、当然これまでと変わらないスペックで新しい機種が登場しています。

関連ページ

パチスロ4号機の人気と5号機の物足りなさ
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ規制と4号機の魅力
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ5号機はART機なら爆発力がある?
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロ5号機の大当たりとエヴァンゲリオン
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
ジャグラー、アイムジャグラーはAタイプ?
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。